スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Know Who(ノウフー)

そもそも「ノウハウ」って「Know-How」だってこと知ってましたか?


専門的な知識や経験の集積、と捉えていますが、最近ネットの記事でこれからの時代はノウハウではなくノウフーだ。というようなことを書いてて面白いなと思いました。

「どのようにすれば(How)解決するかを知っている(Know)」に対して、

「誰が(Who)解決できるかを知っている(Know)」ということ。(高橋意訳です)

仕事をしていると、問題に直面して硬直したり、判断を見誤って彷徨ったりすることが多々ありますが、自分の知恵をどんなに振り絞っても解決しない問題ってあります。、、、というよりもほとんどがそうだと言っていいかと。これも僕の場合。

「問題」と言うと、ちょっと内容が深刻になるのでミッションということにしましょう。

例えば「実際に生活できるお菓子でできた住宅をつくりたい。」というできそうでできないミッションがあったとします。それを実現するために自分で考えたり調べたりすること以上に、「誰」に相談すると前進するかをどのくらい導き出せるか、ということ。

そのコンタクトを取るべき「誰か」の部分にどのくらいのストックがあり、レンジがあり、人脈があるか、というのが、そのひとのノウハウとも言えるんじゃないかな、と思うわけです。

たとえば、自分よりも先にその「お菓子の家」にトライして大失敗した経験のある先人を知っていたら、ものすごく話が前に進むと思うんです。

ちょっと話は変わりますが、工事現場の職人さんは、長年培ってきた腕前ももちろんありますが、どんな業種の職人さんでも必ず何かしらの「道具」を使っています。現場に手ぶらで登場して、素手で神業を見せる職人はあまり見たことがありません。

「道具」はこれまた興味深いものばかりで、それこそノウハウの結集なんですね。
「どうすれば、楽に高品質で仕上げることができるか」が考え抜かれてるんです。

その「道具」の種類も豊富で、職人さん達はその数ある道具の中からその現場、その場面、その状況に適した道具を選定する訳ですね。的確に。建築設計の職人と言われなければならない「設計屋」も同じように、その「道具」を持っているわけですが、ある程度、設計の大筋を組み立てたり、ディレクションする立場の人には、「道具」よりも「誰」とコンタクトをとるか、という手段の蓄積(すなわちノウフー)こそがノウハウでもあるのかな、と思います。

今すぐ実行するつもりはありませんが、例えばあらゆるSNSに

「お菓子で家を作りたいのだけど、経験あったら教えて!」と発信して

真剣に取り組めば、お菓子の家の実現だって十分に可能性がある気がします。

ノウハウだけでなく、賛同者だって、施工者だって、もしかしたらオーナーだって募れるかもしれません。

その中から「この人から有益な情報を得られるかもしれない」「この人に話を聞くと実現できるかもしれない」と思うと
コンタクトとれるわけです。それがノウフーということなのかもしれないな、と。

面白い時代ですね。

席替えデー

今日は事務所の席替えデー

私を筆頭に、机の周りを散らかす輩がいるので、年に3回席替えをして、リフレッシュしようという提案をしました。
今日がその初回。

席替えといいつつ大掃除になって
リフレッシュとクリーニングの
いい機会になるかな、淡い期待をしたものの
なんだかんだみんな忙しく、残念ながら各自が隣にスライドするだけ、、、というたいして片付けにもならず、微妙な気分転換となる席替えデーでした。

明日は某内覧会2件。
来週からはインターンが登場。
礼儀正しい人でちょっと安心した。



ネーミングって

薬局に置いてあるよね。

と言うけど、僕は全く知らなかったんですが、

「食べるマスク」ってのを頂きました。

なんともキャッチーなネーミングですね。


ヨーグルトみたいな味がするんだよね。

と言うけど、僕には「バリウム」の味でしたね。

胃袋がふくれる感じがありました。


まぁ味のことはさておき、面白いネーミングだな、と。

まんまと「どういうことですか?」と話題にしてしまったわけなんですが、

「食べるマスク要ります?」って言われたらそんなの反応しちゃいますよね。

でもよく考えてみたら

「飲むヨーグルト」と同じ類いですよね。


続く






柿の木坂キャトル

以前現場が近かったこともあり時々寄っていた柿の木坂キャトル。

品川駅構内にもお店があるので、たまに買って帰ります。

うふプリンが有名ですが、小さくてかわいすぎて、残念ながら僕にはまだその良さがわかりません。それよりはブルーベリータルトのプチプチ感と、甘酸っぱさがなかなかの美味で私好みでございます。

娘はフルーツタルトのフルーツだけ食べられるようになったようで、私は残りのタルトを頂くわけでございます。

川崎のオフィス お引渡し

手掛けていた「川崎のオフィス」が完成しました。

施工はいつものダブルボックスさんです。

今回は、ガチガチの設計監理というよりは、既にお付き合いのあるクライアントさんと工務店さんの間に入って、簡単な絵を起こしたり、大筋のデザイン提案をしたり、素材の提案をしたりというアレンジをさせて頂く立場で関わらせて頂きました。

もともとのオフィスは内装も新しく
キレイに使われていたのですが、スタッフの人数に対して少し部屋が広い事もあり、ちょっと間延びしたような印象がありました。

なので、少し空間にメリハリをつけるようにエリアに意図を持たせて、
窓側を執務スペース、給湯スペース側をバーラウンジのような打合せスペース、と二分することを提案しました。

空間のメリハリは同時に仕事のメリハリ(作業と休憩)にもなるわけです。
とはいえ、実際に壁を立てて仕切るのはちょっと違ったので、ほぼ中央にある「梁」に木を施して、境界ラインに見立てるということで視覚的に仕切ることを試みています。まさに線引きという感じ。

執務スペースはキュッと効率的に引き締めてデスクレイアウトをして、ラウンジスペースはゆったりとさせ、大きなカウンターを設けました。ソファやテーブルも今後設置する予定です。

打合せもできるし、簡単な飲食はここでできます。

あとは使いながら色々やってみます、と言ってくださるクライアントさん。
建築に対しても知識が豊富で、何より空間づくりがお好きな方なので、これからの使われ方がとても楽しみです。



土曜、雨。

雨ですね。。

こんな日に限って移動が多いです。

ほぼ電車なんですが、これを書いてる今、隣の人が僕の肩に寄り添ってうたた寝しています。

女性ならまだしも、疲れてる普通のおじさんなのであまりいい気はしません。

いつもなら肩をフンってやって振り払うんですが、
なんとなく今日はそういう気も起こらずそのままにして
寝かせてあげることにしました。


車内は比較的空いてるので、そのおじさんと僕の姿はなかなか異様かと。


そうこうしてると目的地に着きました。 今日もお疲れ様です。


銀行にて

某メガバンクに口座の開設に行きました。

ちょっと必要になっただけで別に大した話ではないんですけどね。

最近の銀行の説明って大変ですね。

口座つくるだけなのに、かなりの質問攻めに会います。

カードの種類はどうしますか?

クレジット機能は付けますか?

カードのデザインはどれがいいですか?

ネットバンキングを利用します?

その場合のパスワードは、カード?

それともアプリ?

ついでにデビッドカード作る?

カードにiD付けまひょか?

WEB通帳でしょ?

などなど。。。


普段、ネット銀行使ってるし、デビッドカードも使ってるから
大体説明は聞かなくても理解できるのだけど、これちょっと高齢の人とか
情報弱者の人はたまらんでしょうね。

ワシは口座をつくりたいだけじゃ!、、みたいになりますよ。
かれこれこのやりとりが40分続きますからね。。

でも例えばケータイの契約に行っても、僕はそっち方面がかなり疎いので
説明たくさんされる中でどさくさに数百円(といってもチリツモ)の
オプションに加入されていたりすることもしばしば。

時々友人に明細チェックしてもらってます。笑

間違いなく便利な方向なんですけどね。
便利だから故に、不自由になっているコミュニケーションもある気がします。


銀行を後にして、今日は完成を控えている川崎のオフィスの現場確認へ。

今回もラワンワークス(要するにコストを抑えるためにラワン材を多用する意)
を色々と試みています。








ランドスケープとは

とある男前の建築家が、

「ランドスケープは想定外の出来事を許容することで成り立つ」

的なことを言いました。


話の流れや彼の作風を知ってようやく、
なんとなく理解できるし、共感する部分もあります。

自然のものを扱うというのはそういう姿勢が必要だと。

それは無神経に場当たりで扱うというわけではなく、
思考と経験と挑戦を重ねて、結果が思ったものと違ってもそれは過去の経験に基づいてるわけだから、オーバーに言うとひとつの運命的な答えだと受け入れること。

そんな気がします。


失敗は失敗と思わず続けると成功のもとになる、と言ってしまうとちょっと平凡かな。


構造家と

とある男前の構造家から
半ば愚痴っぽい感じでLINEでメッセージが届きました。

「安全第一だけでチェックバックするなんてデザインしてないのと一緒ですよね」と。

頼もしいスタンスだと思います。
やれ安全だの安心だの、こういう時代だからこそ
デザインすることに対してもっと強くありたいものです。

この話とは直接は関係ないですが、
先日見た太田市美術館図書館の手すりは
共感できるステキなデザインでした。

おなかいっぱい

近所に「ステーキハウスおなかいっぱい」という店があります。

その名の通り、おなかいっぱいなメニューがたくさんあるんですが、

時々ひとりでそこに行きたくなり、翌日胃がもたれるのは承知で行ってしまいます。

ステーキハウスおなかいっぱい

昨日はハンバーグセット(ライスおかわり自由)を食べた後、

ちょっとビールが飲みたくなったので、

ビールとおつまみセット(ポテトと唐揚げと枝豆)を頼んだら

ママさんが「ライスつけましょうか?」と。笑

さすがに断りましたけどね。そんなところがとても好きです。


今、ポレポレ東中野で「人生フルーツ」という素敵な映画を上映しています。

ポレポレ東中野
人生フルーツ 公式HP


他に上映予定の映画もとても面白そうなものばかり。

映画と食事でおなかいっぱいになりたい方はどちらもどうぞ。