スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ランドスケープとは

とある男前の建築家が、

「ランドスケープは想定外の出来事を許容することで成り立つ」

的なことを言いました。


話の流れや彼の作風を知ってようやく、
なんとなく理解できるし、共感する部分もあります。

自然のものを扱うというのはそういう姿勢が必要だと。

それは無神経に場当たりで扱うというわけではなく、
思考と経験と挑戦を重ねて、結果が思ったものと違ってもそれは過去の経験に基づいてるわけだから、オーバーに言うとひとつの運命的な答えだと受け入れること。

そんな気がします。


失敗は失敗と思わず続けると成功のもとになる、と言ってしまうとちょっと平凡かな。


スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL